×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Column - 

Best Album 2002


1位  About A Boy/Badly Drawn Boy
 トム・ロスロックの起用もさることながら、サウンドトラックという枷がBDBを上手くプロデュースしたという変わった形の傑作。間違いなく今年一番よく聴いた一枚。
 
BEST TRACK :Something To Talk About

2位  By The Way/Red Hot Chili Peppers
 抽象的かもしれないが、人生の喜怒哀楽またはそれ以外の様々な感情や体験がつまっているようなドラマチックなアルバム。間違いなくガキには作ることができない。
 
BEST TRACK : By The Way

3位  18/Moby
 全編トラックが美しく、エモーショナルで、引き込まれてしまう魅力を持つ。テクノ系でこれほど飽きずに聴けるのはこれまでなかった。モービーの才能を感じさせる一枚。
 
BEST TRACK : In This World

4位  See This Throuth And Leave
             /The Cooper Temple Clause
 21世紀のツェッペリンと呼ぶのはいささか安易だが、それぐらいのスケールの大きさが感じられる破格の新人。メロディーセンスも大きく光っている。時々無性に聴きたくなるタイプの音楽である。
 
BEST TRACK : Film Maker/Murder Song

5位  Come With Us/The Chemical Brothers
 個人的にはオープニングとラストのガチンコ具合に脱帽。
 
BEST TRACK : Come With Us/The Test

6位  Holes In The Wall/The Electric Soft Parade
 とても10代の若者ふたりが作ったとは思えない、卓抜としたメロディーセンスが光る。「ポップだけどダーク」というアンビバレンツな要素を上手く作品の中に両立させている。
 
BEST TRACK : Silent To The Dark

7位  Scorpio Rising/Death In Vegas
 あらゆるロックをよく咀嚼して、DIV流のサイケデリアへと見事に昇華させている。鳥肌の立つ瞬間が一番多かったアルバムかも。
 
BEST TRACK : So You Say You Lost Your Baby

8位  The Way I Feel Today/Six By Seven
 ポップなものから、テンションぶち切れナンバーまで振幅の差が大きい。そのまとまらなさこそがパンクを感じさせる。
 
BEST TRACK : All My New Best Friends/Flypaper For Freaks

9位  Sea Change/Beck
 シンプルな構成でこれだけ表現が豊かなロックを作ることができるのは、ベックくらいだろう。ソングライターとしての力量を今回もいかんなく発揮している。
 
BEST TRACK : Paper Tiger/Lost Cause

10位  The Last Broadcast/Doves
 前作よりもさらにメロディーが研ぎ澄まされ、深化したメランコリアにため息が。
 
BEST TRACK : Friday's Dust/Last Broadcast

11位  Handcream For A Generation/Cornershop
 ダンサブルなロックミュージックとしての質の高さには驚かされた。何も考えずに聴きましょう。
 
BEST TRACK : Lessons Learned From Rocky ΙTo Rocky V

12位  Human Conditions/Richard Ashcroft
 力作。静かなアルバムであるが、リチャードの骨っぽさがよく伝わってくるし、なによりも全体に緊張感がみなぎっている。あとは、名曲といえるナンバーがあれば完璧なのだが。
 
BEST TRACK : Check The Meaning

13位  A Rush Of Blood To The Head/Coldplay
 いい作品であるが、前作と比べるとどうしても落ちてしまう。ただし、「IN MY PLACE」は超名曲。
 
BEST TRACK : In My Place

14位 Heathern Chemistry/Oasis
 地味によく聴いたアルバム。やっぱりシンガロング系はいいね。かつてのような神がかった感じはないけど良質の歌メロが詰まったアルバム。
 
BEST TRACK : Little By Little/ Songbird

15位 Yoshimi Battles The Pink Robots
                  /The Flaming Lips
 これも前作があまりにも素晴らしかったので、この位置に。最初はあまりピンと来なかったが、聞き込むうちにクセになった。
 
BEST TRACK : Fight Test/Do You Realize??

Designed by NEO HIMEISM