×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Column - 

Rising Sun Rock Festival 04

<3>

 イースタン・ユースでお腹いっぱいになり、次のお目当てモーサムまでテントで休むことにする。いやー、寒い。ついこないだまで寝苦しいくらい暑かったのに。寝袋にうずくまる。軽く震えが来るほどである。
 その前に見ようと思っていたTHE NEATBEATS + クハラカズユキ + 奥野真哉は結局見逃した。奥野真哉目的だったんだけど残念。
 
 モーサムが控えているレッドスターへ移動。レッドスターは意外と人が少ない。夜中というのもあるだろうが、すごく前で見ることになった。サウンドチェックをしているドラムの人がやけにうまいなーと思っていたら、メンバーでした。なんか普通に青いアディダスのTシャツだったからわからんかった。
 そして、モーサム登場。武井さんはホットパンツ姿はフジと同じだったけど、「がきデカ」みたいな帽子をかぶっていた。何でしょう、ススキノにあんな格好をしたお姉さんのいる店あります。しかも手にはトランペット。そう「Hang Song」でスタートだ。もう素晴らしくかっこいい。僕の中ではいきなりクライマックスだ。今回はフジの時よりも若干落ち着いたセットになっていたような気がする。時間的なものや北海道の空気的なものもあるかもしれないが、フジでのキ○ガイ寸前のドライヴ感ではなく、よりディープなグルーヴが築かれていた。割とこれはコアなファン向けな感じもした。個人的には大好きな「凡人のロックンロール」をやって欲しかったが。
 モーサム終了後、シロップを見にアーステントへダッシュする。基本的に僕はフェスの移動で走っている人間が嫌いだ。どつかれたこともあり、危ないんだよ、何で余裕持って楽しめねぇんだ、そんなやつはフェスに参加する資格はねぇ、と思っていたのだが、今年のアーステントは入場規制があるのである。やばいやばいと思って急ぐ。着いたときには人が外にあふれている。あーあ、やっちまった、と思っていたら、まだ開場していないのでした。ラッキー。それからすぐに開場し、真ん中あたりまで行くことが出来た。
 照明を暗くしているせいもあるのか、非常にぶっきらぼうに登場。ぶっきらぼうに演奏を始める。なんと1曲目は「生活」だ。「君に存在価値はあるか そしてその根拠とは何だ」という必殺のフレーズを持った曲である。もともとやさぐれた感じのあるバンドだったが、今日の演奏はさらにやさぐれている。途中のMCで五十嵐がLoopaで高いサングラスを落としたらしく、今日の演奏はその怒りをぶつけていると言っていた。選曲も「天才」「真空」など先ほどのモーサム並みのコアさ。当然こういうヘヴィーな曲もシロップの真骨頂であるが、できればもう少しメロディーが走る曲をフェスではやってほしいと思ったのも事実だ。しかし、「メリモ」からラストの「翌日」まではもう圧倒された。五十嵐はどうにもそのサングラスのことを引きずっているのか、ドラムの人をMCでよくいじめていた。いじめられていた本人も少々とまどい気味のようにも感じられた。実は僕はアーティストのこういった態度は好きではない。先日話題になったVinesの話にも腹が立ったし、有名なOasisの福岡公演での一件も、たぶん自分が参加していたら許せなかったと思う。そういうのもロックンロールだ、という意見も分からなくはない。でもやはり感心できない。教科書的な意見かもしれないが、そういった行動は音楽をロックをより楽しむためのスパイスとはなりえない。僕にとってはよけいなものでしかない。ドラッグにせよ、メンバーとのいざこざにせよ、受け手に関係のないところでやってもらいたいと思うのである。五十嵐隆という表現者を僕は絶対的に信じている。それ故に、そのことが残念であった。

 1.生活
 2.空をなくす
 3.天才
 4.真空
 5.メリモ
 6.リアル
 7.落堕
 8.翌日

この後またすぐにサンに移動。32の肉体はすでにボロボロであったが、BUMP OF CHICKENはやはり見たい。1曲目は「天体観測」。今回のセットは「アルエ」「リトルブレイバー」など昔の曲が多かった。「オンリーロンリーグローリー」もやらなかった。最近のファンには物足りないかもしれないが、初期の曲に思い入れのある自分にはよかった。前にロックインジャパンで見たときは、まだ線が細かったけど、この日のバンプはなんか立ち姿から大きく見えた。
 この後とどまって渋さ知らズを見る。しかし、体はもう限界。見たいけど途中でテントに帰還。もうダメ。寒さマックス。気が付いたらもう朝の6時になっていた。なんとライジングサン見逃した。聞くと素晴らしく美しい朝焼けだったそうだ。アホだった。
 用事も入り、急いでテントを片づけ帰りを急ぐ。しかし、遠いのよ帰りもまた。結局会場を出たのが9:30頃。家に着いたのは13:30であった。
 寒い寒いと思っていたら、その後恐ろしい頭痛、そして発熱と風邪を引いていたんですね、アハハ。しかもその後扁桃腺を腫らしてしまい、唾も飲み込めない状態に。今に至ります(8/26日現在)。ライジングは僕を解放してくれない。
                        <終了>




Designed by NEO HIMEISM